コンセプト

みのりある老後を暮らす

自分らしく、ありのままに生きるお手伝い

健康で安心できる生活環境の中で、ご利用者様が「自分らしく、ありのままに生きていただく」ことが大切です。
身体的・精神的・社会的に良好な状態を保ち、さまざまな自己実現の経験を重ねることにより、人生の豊かさや幸せを感じていただきたいと願っています。
そのために私たちはご利用者様の「自立」と「尊厳」を大切にし、スタッフの心からの言動で絆を構築し、絆の上に立った対応をしてまいります。

医療と連携、看護・リハビリ一体ケア

地域の方との交流を深めながらリハビリ運動や体操を行い「最後まで自分らしく健やかに生きる」ことを目標した活動に取り組んでいます。
併設している訪問看護、訪問介護、デイサービスとの連携も綿密にとり、手厚く隙間のない看護・介護の徹底充実を図ります。
かかりつけ医との連携を大切に、協力提携医療機関の協力を得ながら一人ひとりのご希望に添える医療-看護-介護体制をととのえております。

地域とともに

地域の方との距離感をなくし、ご利用者様に閉塞感を感じさせない環境作りのため、地域に開かれた施設運営を行っています。
「朝市」の開催、「陶芸教室」、毎日の「ふれあいピンピン倶楽部」など、地域の方とのふれあい、交流を大切にしていきます。
地域の方が困ったときにいつでも頼ってもらえる「みのり会」を目指します。